ゲームを作ったり、動画を作ったり、音楽を作ったりして日々を生きています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

どう、見せるのか

最近ゲームの記事しか書いてない気がするけど気にしません。

製作中のゲームはRPGですが、
RPGを作りながらもホラゲ制作欲というのは失せていません。
むしろ湧き出て、ぐつぐつと煮えたぎっています。

RE PLAYシリーズを見直してみて、
シナリオの見せ方について色々感じるところがあるのですが、
一番気になっているのは読み物の多さです。

自分としては読み物は好きですし、
ホラゲの雰囲気作りには必須項目だとも考えていますが、
プレイしてくださる方々のプレイ内容を拝見すると、
やはり読む時間が長すぎるとゲームとしてどうなの?
っていうことになってしまわないとも思いません。

シナリオは語らなければ伝わらないというか、
語らずしてシナリオを伝える方法を私が知らないだけですけど、
ゲームの中でプレイヤーさんに語りかける方法として、
読み物だったり、会話イベントがあるわけです。

混沌とした、暗い雰囲気のホラーゲームでは特に、
プレイヤー自身以外の人物が喋ることによる安堵感というか、
孤独感を拭われるような、会話イベントってそんな風になりがちです。
さっきまで怖かったけど、会話イベント始まったらホッとした、みたいな。
それが悪いとは思わないし、メリハリという意味で必要だとも思うけれども、
短編のホラーゲームでは恐怖感をブツ切りにしてしまうのはもったいないとも思うわけで、

最大の理由としては僕が会話イベントを作るのが苦手だという点なのですが、
最終的に読み物に偏ってしまう傾向にあるようです。
何かもう一つ、語りかける方法を学ばないと進歩できないかもしれない。



と記事を書いてるときに、
一人称があちらこちら転々としてることに気付いたところでおやすみなさい。
スポンサーサイト
2014-03-28 : Game : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ツクール日和

ツクールで作品を仕上げるたびに新しい発見があって楽しい戒斗です。

前に言っていた通り、今はホラゲではなくRPGの制作をしています。
まだまだ完成には遠おおおおおおおおいゲームではありますが、
気が向いたので開発記事です。

まず、どんなゲームにしたいのかっていうことですが、
RPGとして楽しめるということが第一です(当たり前だ!
シナリオも無い頭で必死に考えてはいるんですが、
そっちに時間を割こうが関係無しにゲーム性が大事なんです。

当初はフリーシナリオを採用しようかと思っていたのですが、
イベントの進行度合いをきちんと管理するスキルが僕には無いので、
サブイベントがごろごろしているけれども
メインストーリーがハッキリしているような形式にしたいです。
ただ、ゲームの進め方をプレイヤーに委ねれば委ねるほど、
プレイヤーごとのプレイに差が出てきて、
その差が一番顕著に現れる、キャラクターのレベル(強さ)において、
ゲームバランスの調整が非常に難しくなるのではと思っています。

サガシリーズみたいに主人公に合わせて敵が強くなるのもいいんですが、
敵はそれぞれの地域っぽさが出た敵の方が冒険している感じがあって好きだし、
レベルに比例して敵も強くなるんではレベル上げのメリットが薄れてしまうし、
早速の大きな問題のような気がします。



また、今作はグラフィックがちょっぴり豪華です!
とある方にキャラクターの歩行グラフィック、顔グラフィックの制作を依頼させて頂きまして、
オリジナルキャラクターの存在感がグッと増すんではないかと思います!!

ちなみに、最初の開発記事でどこまで言っていいもんか悩むところですが、
プレイヤーキャラクターは一人を除き、全て人外です。人型ですらありません。
総勢7名のプレイヤーキャラクターが長編ファンタジーな物語を紡ぎます。

ケモナー歓喜だ!!!(黙

こんなノリで気が向いたときに、たまにはスクショも出しつつ記事書いていきたいと思います。
ネタバレ云々を意識して書かなかった記事も、RE PLAY作ってた頃は多かったんですが、
今回は制作を楽しもう!を第一に、色々自重しないで書いていきます。
もちろん核心は伏せますがね!プレイヤーの方には楽しんでもらわなきゃ意味がないからね!

という長文でした。
2014-03-21 : Game : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

RE PLAY story of Eva Another EDについて

いつ頃公開しようかなーと思っていましたが、
掲示板の方でご質問いただいたので、
この機会にAnother EDへの到達方法を公開しようと思います。

初回プレイでは絶対に辿り着かれないよう、厳重に封印されたEDです。
言い換えると、初回プレイでは絶対に辿り着かれては困るEDです。
さらに言ってしまえば、前に言いましたとおり、
最も到達する必要の無いEDです。

2種類のスタッフロールを見たという方のみ、
寛大な心を持って辿り着いていただきたいです。



Another EDへの到達法
2014-03-11 : Game : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

戒斗

Author:戒斗
ゲームを作ったり、プレイしたり、
音楽を作ったり、聴いたり、
動画を作ったり、見たりする人です。
気軽に絡んでやってください。

リンク


(改造姫のコミュニティへ)


ブログ検索サーチ


ポップンミュージック検索エンジン


@tkool


フリーゲーム総合サイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カウンター

カテゴリー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。